てんのせん

趣味のこととか、日常のこととか、やっぱり趣味のこととか

二十歳。

ついにゆくくるに行けるぞ!!!!

二十歳になりました。成人しました。

10代を振り返ってみると、19歳がやっぱり一番濃ゆいです。たぶん年を重ねる事に濃さって増すんじゃないかなぁ…って思いますが、そんな19歳の締めの1日が、10代のときにハマってたアーティストのライブっていう事実に嬉しさを隠せません。10代っていっても、この人の音楽なんか好きだ〜ってなったのが高2の春とかだったので、10代を覆うには安易かなって思いますが、たぶん惚れ込み具合でいったら10代でダントツだと…。

その好きなアーティストさん、及川光博さんっていうんですけど。

成人にしたからには、お酒もたっぷりと楽しめるというわけで、0時になった瞬間、乾杯しますよね←

f:id:musicplanet:20180521203139j:image

親がわざわざこのために揃えてくれたお酒で、ビトゥイーンザシーツを作ってくれて…。ありがたいことです(みんな及川光博さんの「ビトゥイーン・ザ・シーツ」聴いてくれよな!)

そういえば仙台からの帰り道、青春エモプレイリスト(仮)を聴いていました。好きなアーティストさんが「10代、20代だったころに好きだったアーティストの曲を聴くとアンチエイジングできる(ニュアンス)」みたいなことをおっしゃってたのを思い出します。そのあとに、「だから僕の歌聴いてね」的なことも。たまらないわ…

そのアーティストさん、及川光博さんっていうんで(ry

シカオちゃんのマーメイドとか、及川さんのペンフレンドとか、10代の自分に響いた曲から、Aqua Timezの決意の朝にとか、レミオロメンのStarting Overとか、ダンスでやった曲から、ゲスのパラレルスペックなど軽音部時代にやったものまで…たくさん聴きました。思い出が浮かんできます。仙台で、好きなアーティストさん(以下みっちーさん)が「最も大切にしているものは思い出。墓場まで持っていける。(ニュアンス)」っておっしゃってましたがほんと、思い出って心の富だよね…心の富って川崎だっけでてきたの。

感傷に浸りまくりです。これからもどうぞ、よろしくお願いします。