てんのせん

趣味のこととか、日常のこととか、やっぱり趣味のこととか

びーとろエイトプリンス感想(レポじゃない)

・ミッチーさんの「レッツゲッファーンク!」の瞬間にそうそれわかる!!!わ!!!か!!!!る!!!!!となった楽しい脳← 愛し愛されまSHOW☆だと。やっぱりそういうの欲しいわ普通に好きなんだわってなりました。でも言うてイケナイ関係もどんどんノってく感じのファンクですよね。

・ミッチーさんの口から「ビトゥイーン・ザ・シーツ」という言葉が出ただけで真っ白になる楽しい脳←愛哲で深沼さんの紹介をしていて。「深沼くんと最初に作ったのなんだっけ?ビトゥイーンザシーツ?あ、ラヴソングか。」つい連番してた友人ベイベーさんの手を握ってしまった申し訳ない。ていうかその題名だけで時が止まってしまう←のだからこれイントロ来たときやばいな…?古い曲だから、最近やってないからってのもあるかもしれないけど題名聴けたの本当に嬉しくてもうあの、みっちーーーービトゥィーンザシーツーーー!!!しかし肝心の愛哲の記憶があまりありません。おい待て。

・八王子、元王子と7人の男子メンバーがどう考えても男子高校生。ていうかカンパニーが学園モノ。私より若いんじゃん?窓ガラスに小石を投げるところでみっちーさん投げようとしてたの(かどうかはわからないけど)どこの高校生…そのあとのバイク隊でヤンキー座りするさっちんとよくわからんポーズをするゆうこりんにタバコが見える件。

今回、瞬きの前にMCが入りましたね。ふたりの終わりからのMCという流れがとても儚い美しいものというイメージ。脳内で保護したいとてもとても。サイコー列なのに足を揃えた時のトンって音が聞こえるって何事…静寂美しすぎかよ…。拍手もタイミングよくて、長くて、みなさん拍手止められないみたいな感じで。みっちーさんが「そんなに拍手していたら手が痛くなっちゃう」っておっしゃるほどの、いや痛くなっても足りないから…いやバラード1曲目良かったんです。ふたりはほんっとうに好きなバラードのひとつで(あとは人魚の恋とか)、以前までは聴けてよかったという涙が多くて、でも今回は普通に聴いていて涙がポロっと出てしまうというか。瞬きの感想は次に回します。