てんのせん

趣味のこととか、日常のこととか、やっぱり趣味のこととか

PURPLE DIAMOND札幌感想(1部)

北海道は8月7日に七夕ということを当日の朝に知ったたかです、こんにちは。

MCで出てきた、さださんのコンサートの話で思ったんですが2部構成ってやっぱり少ないんでしょうかね…?
たまに及川光博さんのワンマンショーここがすごい!みたいなツイートを見ますが結構な割合で「休憩時間がある」と書かれているような気がします。やっぱり少ないんだろうな、いやわからないや、こういう場所に来たの、ワンマンショーが初めてだから…!!!(えもい)

さて札幌公演、愛哲が読まれました。大阪に続いてってどんな確率よ…とその衝撃たるや…。連続ってなんで…?いや、なんで…(嬉しかったです)。
愛哲読まれると、読まれなくてももちろんその空間、ワンマンショーを作り上げたという意識があるけれど、それが増えるというか…双方向のワンマンショーということをより強く感じることが出来るなあ、と思います。
自分が愛哲を、ワンマンショーを構成する要素としてとても重要視しているというのはあるかもしれない。

いつもよりも(当社比)Twitterのほうで垂れ流した(気がする)のはこちらに書く内容が偏りそうだなと思ったのもあります。レポの要素が少ない感想文なので!いざ!


曲のはなし

ダンディ・ダンディのベースがかっこよすぎて踊りそっちのけになってしまった件。いやそんなことはないかな…この曲はさっちん先生に習ったから頭で考えなくとも(いや違うなこれまで数公演行って慣れたんだろうな、レッスンは反転だから…)踊れるようになったということだとは思うのですが、G♯のあの表で刻んでるベースってあんなにかっこよかったんだ!!!と衝撃を受けました。すき…。

紅のマスカレードの記憶がまるでといってないのは仕様です。(いや、なんで?SDRで上書きされる?)

S.D.R.のキメが追加されて\(°∀° )/ってなりました。みっちーさんもテンション上がってたと思います。会場全体のテンションが乗算される感じ。すき。
織姫、彦星、ふたりはひとつ。回してフォー!
北海道の、札幌、すすきの、道産子とか言われてたかな。

これTwitterでもそれとなく書いたのですが今夜はファンタスティック!!のファンタスティックス!ファンタスティックス!のあと静かになったところのベース、ハピネスさんと宗さんと微妙に違いますよね…?
宗さん…F-F♯-C-A-C-C-C
ハピネスさん…F-F♯-C♯-A-C-C-C
だと思います。三郷と市川でなるほどこれこう来たか!これ好きかも…と思った記憶があります。
で、札幌でこれー!ハピネスさんー…!と思ったのです。
贅沢!!!
あとこの曲めっちゃGet Funk!叫んでました。というかシャウトがめっちゃファンキー!!好き!!!

きれいな嘘Lazyは自分が気持ちよくなって上向いたり目をつぶって聴いてたりホーンの決めのところをホーン隊ガン見して乗ってたりするので何が言いたいかって言うとミッチーをほとんど見れてないので←

収録を……!!!!

いやでも札幌でこの2曲ってことはこの2曲じゃん…(希望)?あと初愛もそうだと思う(希望)んですが名器は???名器はどこに消えたの…???あと求めすぎ無印を…バラ色も…入りませんかね…3度目の正直…。
Lazyで客電ついて明るくなるの(札幌はそうでした、これもしかしたらミス…?)と上下方向の赤いライトのクロス、後者の方が好みかな…。かっこよさがカンストしてる。

ズキズキ、最後の「ららららら…」を飲み込んでらして私が泣きそうに。最後にマイクオフでありがとう、ありがとうございました!と2回。

初愛、場所的な問題だと思うのですが、みっちーさんだけがめちゃめちゃ明るくて他が真っ暗でなにこれCCさくらの光と影のカード的な…?みたいなことを真面目に思いました。真面目ってなんだろう。
札幌で初愛だったので、静岡で君の中へを聴き納める準備ができた気がします。君の中へって死の影を持つはかなさ、あきらめみたいなのが見えるしメロディがそもそも綺麗だと思ってて(特にストリングスとピアノ)純粋な、文学的な美しさみたいなものを感じるんですよね…
だからといって収録してほしいとかではなくてここぞというところで聴けたらいいな、みたいなそんな立ち位置の曲という感じが…(とか言って収録してくれ…!!とか言ってる未来が見える。)

Wishの「雨の夜も風の午後も」の「雨の」と「夜も」でミレドって歌ってて、2部最後、喉辛そうだったし病み上がりだったそうだし、喉的には負担なんだろうけど(高くなるから)そう歌いたかったんだろうなあ…と思ってグッと。最後に「愛してますか?」\愛してまーす/ダカダン「俺も!」

三日月姫では抱いていい?と確認されました(?)わかってるくせに!(?)
何度経験しても、はっや!となる三日月姫からShinin' Star。ブレイク(ふりつけ講座)のないS.D.R.もですが、今年のテンポ感は癖になりますね…!

MCのはなし

◎最初のMC
照れないで叫んでという話。
「織姫ですか?って聞くね。織姫ですか?
織姫でーす!
彦星ですか?って聞いて!
彦星ですかー?
ミッチーです
おちゃめってこういうことですよね?

これここじゃなかったかもしれないけど、上から順番に「ときめいてますか?」「わくわくしてますか?」「相思相愛ですか?」みたいなのがあった気がしますinわくわくホリデーカナモトホール。
いやこれは本当、わくわくホリデーベイベーって言われたかったな…。七夕の日で日曜日でワンマンショーなんてわくわくホリデーの中のわくわくホリデーですよね。わくわくが多い!ゲシュタルト崩壊する!笑

不思議おじさんの話。
渡部篤郎さんと歳がひとつしか違わない、Hydeさんは学年的には彼がひとつ上だということを仰っててました。やっぱり時空歪んでるのかな。
「みんな不思議おじさんです。」

最近の話。
「最近、人が楽しむのを邪魔する風潮があるじゃない?」
「ご時世的に、この子なら一線を越えられると思った子にしかお尻触らせない。」
ふたつめはまあ置いといて、ひとつ目の話は流れで「表向きは善良なベイベーしかいない」ということをおっしゃってまして。
これ、じゃあ裏はどうなんだということ以前に、表向きが善良であることと表向きを作っていることを肯定してくれている感がとてもありがたいし、安心してベイベーになれる!って思ったし、高校生の私がベイベーになりたい、と思った(今も思ってる)ベイベー、という感じがして感情が大混乱します。

ふたつめの話で「今日はお尻触らせないよ。お尻触らせに飛行機でやってきたわけじゃない」とか、「え、もっとエロくていい?w」とかおっしゃってました。いいですよ!!!!←

「嬉しいことあったの!」と血液検査が良好だった話。
「魂で抱き合った大阪」から2週間空いて、そこで風邪をひいてずっとゴホゴホしてたみたいです。おだいじになさって……。ついでにした血液検査でどこも悪い数値がなかったようで喜んでてこっちが!!!!うれしい!!!!!!

肝臓も腎臓も問題なかったようです。(←ダンディダンディ「肝臓がちょっと心配」で肝臓のあたり左手でたたいてたな)
「適度な運動通り越してがっつり運動してるから。」みたいなことおっしゃってて、それはそうだな…とw。この前(超序盤)に「また来年!」ってぴょんぴょん飛びながらはけようとしててそれも適度じゃない運動…w
「2週間で風邪をひいちゃって、いいようにできてるねえ~。」「札幌来る2,3日前に治った!いいようにできてるねえ~。」
40代50代になるとこんな話題が増えてくる!笑
時空は歪んでなかった!そんな話題でいいのでずっと健康でいてくださいまし…。

さださんのコンサートの話。
各地のイベンターさんに「ミッチーさん大丈夫です!もっと(MC)長いひといます!さだまさしさんです!」と言われたらしく、フォーラムにお勉強をしに行ったと。この話確か福岡でも出てきて行動が早いと思ったなど。

「開演前にご挨拶して、緊張しちゃって声が震えちゃった。先輩、もはや仙人だよね。」
「笑いがあってほろっと泣ける。オチがあって、ああなるともう落語だよね。オチがついてから、ギターのアルペジオ…。笑いあって涙ありって、まさにエンターテインメント。」
「ここ(言い回し違います)みたいに休憩がなくて全体で3時間、そのうちなん曲やったと思う?11曲!笑。だから1時間半はしゃべってる。」
とか仰ってました。

中でも印象的なのが笑いがあってほろっと泣けるというのがエンターテインメントってことなんですけど、ワンマンショーってまさにそれだと思います。
そこに、自ら踊ったりグルーヴにのったりして……まず自ら“ワンマンショー”の世界に飛び込もうとした時点で“参加型”エンターテインメントになるんだよなあ…と思って胸が…。
みっちーさんが仰ってたように比較するものではなくて、「好き?」という問題なのだろうな。私は本当にワンマンショーが好きです(だから何公演も行きたくなる←イベントはまだこんな子供がそんなそんな…となってしまう←お勉強しなくちゃ←)。

4曲目前の「踊って、歌って、そして笑顔で!輝きましょう!オッケーですか?」というのに参加型エンターテインメントを楽しむ準備できた?っていうニュアンスが含まれているような気がしてうわーーーって(語彙力)。

◎バラード終わりのMC
拍手はまあ場所的に1年に1回感強いからまあそうだわな…。メとはなるかな、と思ったというか、雰囲気とMCの内容の相性みたいなのがあるなと思って、これ生きてるんだよなワンマンショー、みたいな(まとまらない)

「貴重な時間をありがとう。チケット代払ってくれてありがとう。2019年7月7日は一度しかないからさ。そして、何度も申しておりますが、ミッチーはこの宇宙に一人しかいません。もちろん、あなたたちも、いや、あなたも、、世界に、ひとりしかいません。共に生きていこう。聴いてください。初愛。」

1×1100のところでは「2019年の7月7日は一度きりしかないから、魂で抱き合って、愛し愛されて、ひとりひとり、想い出を持ち帰ろう。」とおっしゃってました(ニュアンス)。ほんと、いやブログで叫びたくなるほど想い出を持って帰っているんだよなあ………!!!


というわけで想い出を一部(かけてる)叫びました。
2部は個人的にそのセリフ…!!!!となったところが多くまとめられないと思ったのでいったん分けます。
お次は静岡!セミファイナルです。ここまで読んでくださった方々、ありがとうございました!

本気チャレンジ

そことはかないタイトル詐欺感

気が付いたら7月になってて気が付いたら札幌が目前です。最近はTwitterのほうでスロットだったりビンゴだったりとコンテンツが充実してるなあと。楽しいです。来るべきオフシーズンに備えている感がちらっと…笑 いや、ファイナルまであと20日も…20日…!?!?

引っ越し大名のムビチケをゲットしてきました\(^o^)/かわいい…直矩さまかわいいな…
直矩様、日記(松平大和守日記)を詳細に書いていたみたいですね。天候も載っててよさみ…。コレクター気質で美少年好きで歌が好きなお殿様って楽しみな要素しかないです。
あと余談ですが「松平」「大和守」を同時に名乗ることができたのは越前松平家の分家だけだったらしいですが分家が津山松平家、福井松平家、松江松平家、前橋松平家、明石松平家と分かれこれ結構多くないか…?って思った。いやわからないけど…で、越前松平家の家祖は家康の次男であった秀康さんらしいです。その五男の松平直基さんの長男が直矩さまらしい。へえ。


本日のおまけ。

FUNKY 本気 NIGHT☆チャレンジ

だから
???
って言ってんじゃんっ

【愛と哲学まみれの!】PURPLE DIAMOND大阪2日目感想

大阪2日目感想です。

ハイライトは確実に愛哲読まれたことなんですけど、セトリがっていうか私は今年の5曲目と6曲目が好きでそれが最高に気持ちよかったですね…。ていうかやっぱり愛哲全体的に良かったな。ついった見てても「愛哲が良かった」という呟きを見てほんのりと嬉しかった。いやほんと、(地名)の(名前)ベイベーで時が止まったな…(いつもと違うものを書いてたのもあり…)。向こうでおめでとうとか言ってくださったり、ふぁぼしてくださったりした方々本当ありがとうございました…!お優しい…!

そういえば開場の際にイベンターの方々が「2日目ベイベーのみなさん!大阪ワンマンショーのファイナルです!心の準備はオッケーですか?」みたいなことを言ってくれたの感動したな…!!!

あと「さよなら宗秀治スペシャル」というのにも感動…。
おしゃれー!(ファンクアラモードみたいな商品名のデザートセットみたいなのが目に入って入店した。) エイかわいすぎ案件。

1部

セクシーというよりファンキーでは?(主にバーニング)
SDRの振り付けが「USJUSJUSJUSJフォー!」でしたがあれは誰考案でしょう?(1日目女子ズ考えて!オーディションするから!ってのがあり)

◎MC
筋肉痛の話。
「年取ると筋肉痛が2日後に来るって言われているけど、あれ実はそんなことないんだって!激しい運動をしてから24時間後に来る。だからまだ来てない!!」
そうかリハは、
16時から及川さんというこのなんか…いいですよね…!2部で筋肉痛が来たとの話をしてらしてそういうところすき…って思いました。語彙力…。

「かたい」部位のお話。
み「ミッチーの硬い部位と言えば、、、ふとももの前側。何筋だっけ?」
べ「大腿四頭筋ー!」
み「大腿…なに…?」
べ「大腿四頭筋ー!」
み「だいたい…そんなかんじw」

「あと硬いのは、そうですお尻です。」と前ベイベーに触らせて。
下手ベイベー「かったーーーーーーー!!!!!」
みっちーさんもけらけら笑ってた、いやほんと爆笑。
上手ベイベー「かった!!!!!」
大阪だいすき…wwww
(あと1日目も2日目も隣のベイベーさんが関西弁でMCに突っ込んでらして、草wwwwそれはそうwwwとかひっそり楽しんでました。お隣ベイベーさんありがとうございました!)

もう一つ、固いものといえば、、 意志。
(だいっすき…!って思ったんだけど友人ベイベーに雰囲気があれになって慌てて軌道修正した感は否めない的なことを言われてなるほど確かに(私は純粋なんだなあ白目))

「昨日も公演後、とある駅のとある店でしゃぶしゃぶを食べました。豚肉のひれ肉…こっちで言うとへれ肉の串カツを食べて、最後にホルモン焼きで白米まで食べちゃった。
肉食です!ガルルルル……

これ人見でのダイエット発言の意志…?いや反対じゃん…って思った記憶があるのだけど、そうなると前後のつながりがなさすぎるので私が「意志…!」と感動してた間に何かを聞き逃した可能性がありあり。

セクシーを感じる部位の話から、セクシーとは?の話。
「最近セクシーたと思う部分が変わってきた。足首にセクシーさを感じていたけど最近はうなじ。」
プライベートで俳優の某兄貴とお食事に行ってきたらしく、そこでストイックに仕事しているカウンターの女性がポニーテールだったようで…笑
「顔も名前もそこそこ知られているからむっつりスケベだと思われたら困るじゃん。そうすると、あっちは店員として笑顔で対応してくれてるのにこっちの笑顔がぎこちなくなる!」

「セクシーって、肉体的な部分だけじゃない。今日は自分の強みを存分に出していこう。
セクシーとは、自己解放のことです。
そして、自己解放というのは、魂を解放するということです。
ファンキーだとか、自分の好きな音楽に身をゆだねて…。体中の細胞が喜んでいることを感じて、自己解放。
レッツ自己解放!」
この自己解放の話(というか言葉)は全体的に好きです。

◎メンバー紹介

過去の私、それな〜!!!

フッシー「ミッチーさん、リハーサルの時に四つん這いになってorzみたく、orzって知ってますか?」
み「乙ね!」(私と他多数ベイベー男子さんたちの声「いやそれ違う!知らないよね大丈夫知ってた!」)
あと、
フ「昨日はファンキー、今日は何キーですか?」
み「だからセクシーに」
フ「じゃあノンキーに行きます」
の日本語で会話してくれ感本当好きしか言えない。

載せたツイートにも書いてあるんですが、龍ちゃんが肉食という話。
み「龍ちゃんがあんなに食べるの初めて見た。」

「お知らせがあります。今日でベースの宗秀治はパープルダイアモンドツアー終了です。」
これ本当に心臓が止まるかと思った…。
宗さん、初めも体調のほうで少しお休みしたけど悔いない、というようなことをおっしゃってて、じゃあ体調じゃない…?って思ったらタースーが「別に体調とかじゃない。ちょっと別現場に。」と、そういう…!!ところ…!!!
あと、みっちーの「ベースを弾いているのがセクシーじゃん。」には完全同意ですわかる…ベースはセクシー。
ちなみにその別現場は中村雅俊さんらしく、芸能界に疎い私は花神の高杉…?しか思い浮かばなかった(あってた)。

りえさん「ミッチーさんのダイアモンドヒップが」
み「昨日の時点でやらないって言ったじゃん!」

ショートコントか。
あと昨日の打ち上げでさっさと帰っていったという話。 みっちーさんの「dis」(時代よ…感)


きれいな嘘で「さあおいで、デートの時間だよ。」と。これ円盤に入らないかな…(浦地さんみを感じるので)。ていうかここはきれいな嘘を…収録してくださると…。
あとLazyもぜひ収録を!!いやするでしょう!ギターミッチーが(特にこのカスタムテレキャスのミッチーが)好きなのと上でも書きましたがこの曲のこのアレンジがとても好みなので本当…!

原曲もだいぶ好きな部類(特にギターのカッティングと特にサビのギター2本による厚さ)ですが今年アレンジは本当ピアノが繊細で大胆で(?)好きです。あのカッティングをピアノにやらせるだと…?!あとどこかの感想記事で書いた気がしますが「でもってよがって」のところでコード回して4つ弾くのおしゃれ…

2日目のLazyは「敏感な部分と」でラズベリーキャンディを両手でころがして(?)ましたなんだあれけしからんいいぞもっとやれ(名器はもう出てこないの…?)。
「誰にもされたことのないところにキスしてあげる。」

◎バラードMC
「最近思ってるんだけど、運命って変えられる気がする。宿命は変えられないけど運命は変えられるんじゃないかなって感じます。感じるだけだよ、何かの先生じゃないから笑
ざっくりとしたイメージは地図。人生という地図があって、どの道を選ぶかが運命。
生きていれば辛いこと悲しいことはあります。悲しさや辛さに抗ったって仕方ないじゃん。悲しみが大きければ大きいほど、その分喜びを感じることができます。」
うろ覚えですがこんなことを。

サンクチュアリの「いばらの道」は運命かな…でもあの曲の場合宿命の可能性も否定できなさそうな部分はある気がするんだよな…とか思ってしまってもう。
あと悲しみが大きければ大きいほど、というのに弱い…正負の法則…。

そんなこんなでMCに胸を打たれていたら君の中へで決壊した(2番サビ)。
いや決壊じゃないんだよな、自分でもわあ…と思ってしまったけど悲しいとかじゃなくてこう感動して涙がすう…と降りてきたあの感じ…。
月とか生きる死ぬに弱いのは知ってたけど…。純粋に感動して涙…みたいなのが久しぶりだった気がします。

美しいですよね、
こう、初愛とかWishとはまた違ったツボをつかまれてるので、うまくWishに入れなさはある(私が)
最後にハグ。

三日月姫「1回だけ抱かせて」

2部

真ん中ベイベー!いえーい!「うん、真ん中。」←真ん中って形容詞なのだろうか。
初心者ベイベーいる?からの流れ「せっかく出会ったんだから、これから仲良くしていこう。初心者じゃないベイベーも仲良くしていこう。(ニュアンス)」に感動…。
無事筋肉痛は来たようでよかった。

「本番前面白いことがあって!」とエレベーターで理枝さんといっしょになった話。
「楽屋が1階登ったところにある。僕ほらバレリーナだから(バレリーナ?)階段使えなくて、エレベーターで下に下がるんだけど、そこにドレスを来たりえちゃんが乗ってきて。
2人で話してたんだけど、いっこうに着かないの!2人ともボタン押してなかった!!w
下で着かない着かないってスタッフさん大騒ぎしてたと思うw」
ゆかいだ…

◎愛哲
というかまず、ひとつインパクトのある事柄や文字があるとその両隣の事柄、文字に対する記憶が抜けるってのを本かなんかで読んだことがある気が…(いいわけ)。

Q 仮面をかぶりすぎている。仮面の中身の本来の自己を見失っていそう。どうすれば?
「心に栄養を与える。美しいものを見る。おいしいものを食べる。そして寝る。」
誰もが立場や環境で仮面をつけているというようなことをおっしゃっていて。
「一緒にいて楽しいひとといて。」
「大人になると、難しい。」
「けど負けないでね。」

表情フィードバックの話から、笑顔でいて、とのこと。

Q  愛は価値だから愛の理由は説明できないという話を聞いたことがある。でも好きという感情についてはその理由を言える。愛していると好きとの違い・関係性をどう捉えているか?
「これどっちだと思う!?好きという好意、の大きな円の中心に愛があるのか、愛という大きな円の中に好きが点在しているのか。どっちだろうねえ…。」
「好きというのは自分がよろこぶこと、愛しているというのは、相手のよろこびを願うこと。」
(よろこびは悦びかな…とりあえずひらがな)
恋愛、恋と愛をくっつけているけどそれは違うよねというお話になり「互いに魂がよろこんで、それを分かち合う」「惹かれあうことが大切」とおっしゃってたと思います。

この愛哲からファンサの話に。
「初心者ベイベーのアンケートに、ファンサがすごい!ってよく書いてあるけど、ファンサには違和感を覚える。」
とおっしゃっていて、ファンサについては私個人もベクトルの方向が違う言葉だと思ってた(し、TLを見る限りやっぱりそう思ってるベイベー男子さんが多い。)からそうだよなあ…と少し納得するところがある。

Q まだ大阪梅雨入りしてません。どういうことでしょうか?
知るか!!!!!次!!!!

Q とあるプロジェクトのリーダーやってみない?と言われたが、自分にはリーダーシップがないように感じる。
自身が過去にやっていたホッケー部のキャプテンの話で「リーダーの勉強がしたかった。」と。
「リーダーは声を届けることが大切。3階ベイベー!とかやっているけど。声の大きさではなく、求心力。」
そのほかに分析力、責任感ということも。
質問者さんには「やってごらん」。
「よく『棚からぼた餅』というけれど、棚の下にいないと、ぼた餅は食べられません。」(これ良かったなあ…)
(この話は主にバンマスの経験から胸に響くものがたくさんありましたね…)

Q 番組を見ていて、みっちーさんの楽曲が使われていて驚いたことがある。最近驚いたことは?
「僕の曲はキメが多いからね。キメってわかる?ちゃっちゃーちゃーちゃらららちゃらーちゃっちゃ ちゃーちゃっ ちゃーちゃっ ちゃちゃっちゃーちゃーちゃーん!(みっちーの動きがあった)みたいな」(求めすぎ無印さいごソ♯ではじまるところ)
クイズ番組とかで結構使われてるとのことですが私テレビというかバラエティはほとんど見ないからな…。
「使われてるけど歌は入らないの!」
驚いたことについては、お尻を触らせたベイベーさんのリアクションだそうです。笑

Q バラードの定義は?(これ人見でアンケート書いてるときに友人とどこまでだろうねって話してたからおっ気になるぞと思った)
「スローテンポの曲じゃない?
うーーーん、スローテンポだね。
…アップテンポの曲でも心が切なくなるとか涙が出たりするとかはあるじゃん。」
スローテンポの曲の曲はゆっくり伝えていけることだ、とおっしゃって
「バラードとは、沁みる曲です。」
私が沁みる曲はロックが多いな…とか、「音楽はファンク、ハートはロック」とか思い出してじんわりきました。

Q 時が止まればいいのにと思う瞬間は?私は、もしこの質問が読まれていたら、今だと思います。
毎週末愛し愛されあって、毎週末そう思ってワンマンショーをやっている、というような話から、飲みに行ったときに「一つだけ願いが叶うとすれば?」という話になった、とおっしゃっていて。
愛と哲学の及川光博さんはこう答えました『どうか、一番幸せな瞬間に、死なせてください。』

「ありがとうございました。愛と、哲学の、こ、べ、」\やー!/
読まれた云々はなしに本当にこの愛哲は円盤化または書籍化してくれって思った…これまでで一番沁みたかもしれない。最後の質問については、まず世界が~とかそういうのじゃなくて自分が~というのがなるほど…と思いましたね…(これはもう性格だなあ…)。

◎メンバー再登場
理枝さん「バラード、君の中へ感動しました。殿方だけのステージで、袖から見てました。
(流れ不明)ミッチーさんのデリケートゾーンの躍動感がすごいなって。
み「…え…?」
り「デリケートゾーン」
み「え…どこ…?」
り「言っていいんですか?わざとこう遠回りして言ったのに。」
み「え…?」
いやなんかもう理枝さんには勝てない。

フッシーには「最近驚いたことは?」という質問。
なんだろうというフッシーに「聞かれると答えられないよねえ!」と。(私も答えられないけど…いや愛哲読まれたことかな…それ以外だったらなんだろう…)


ミスアバンチュール始まり。まあ死んでもいいからというのは例外中の例外だろうな。それにしても大阪1日目は本当に本当に行けてよかったと思っている公演です。
そして炎上!バーニング・ラブにとってかわられた○○ごっこ…じゃない桃色。炎上も楽しいけど桃色も楽しい。やってほしい。これは贅沢な悩みです…!
炎上2番サビで理枝さんにばちんと狙い撃ちされと思ったら(位置的にそう思い込みたい)上着を脱ぎっとしてHPがゼロになりました。リエパいきたい…うう…

強烈バージョンのミッチーコール。

2日目のココロノヤミ、1番Bメロはわりとさらっと、2番Bメロはちょっとタメ気味で…というようなのを感じて心が大変なことになりそうでした。
ロディア「時を止めてしまえ〜たら〜」の途中ではっと気がついたような顔になって「今だ!!!!!
心がもっともっと大変なことになりそうっていうかこれはもう大変なことになりました。

煽りが「フォンク先輩」で激エモ…とか思った。いやそのファンク先輩はあらけんがミッチーに対して使うことばだなんて思ってないです
それはともあれ、あらけんの「ファンク」がミッチーありき(フォンク先輩ターン決めてた)なの本当に最高なのでこれからもそういうお二人でいてほしいです(?)

CRAZY A GO GO!!であらけんとくわっちがぐるぐるしてると友人に教えてもらったので、くわっちを見てたら龍ちゃんに肩組まれてるしあらけんにちょっかい出そうとしてるし最後ぐるぐる回るしですごく楽しかったことを記しておきます。

最後、遠隔ハグからの髪にキス。
「笑顔で!笑顔でいて!」というのが…ペンフレンドを思い出してしまった…。
あと「男子!俺たちかっこよく生きよう!女子!俺たち美しく生きよう!」も良かったな…!

今年も、友人ベイベーありがとうな大阪2daysというか修学旅行!楽しかったです。
ひとつだけ後悔を上げるとすれば大阪限定のベビースターラーメンを買えなかったことです…。今度こそ…!

本日のおまけ

8人バージョン。おひまなかた、もし良かったら楽しんでみてください。